your ads here

advertisement

Home » ポルトガルワインについて

ポルトガルワインについて

ポルトガルはイベリア半島の、ヨーロッパの南西に位置します。大航海時代には、多くの地を開拓し、今も尚、古代文化やワインの伝統が強く根付いています。

ワイン生産国やワインの世界の中では、ポルトガルはワインそのものより、ワインコルクの生産地として知名度があります。しかし、ポルトガルワイン界のその内側では、テロワールの多様性によって、ワイン品種の多さが示されています。小さな国でありながらも、驚くべくワインの多様性が存在するのです。大西洋は平らな沿岸に、フレッシュで爽やかなワインをもたらします。北部ポルトの山脈では、年間2000mmもの雨量があり、それは、東からの乾燥した空気の影響がある内陸部の雨量500mmとは大きく異なります。夏は暖かく、冬は涼しく湿った特性を持つ温帯海洋性気候は、南西方向でより顕著で、年間平均気温が10℃程度である北部の山間部とは対照的に、南の平地では年間平均気温が17.5℃、夏にはしばしば35℃を超えることもあります。

このように、異なる気候によって、同じブドウを栽培する二つの隣り合うブドウ畑でも、全く異なるワインを生産することができるのです。その例として、ヴィニョベルデやポートワインのような、世界でも知名度の高い二つの異種のワインが、連続した地域で生産されています。このようなことは、ポルトガル中どこでも見られることで、故に、外国品種を栽培することも容易にできるというわけです。

ポルトガルワイン領域で異なる調節を以下に記載します:

wop-altered
(Source: http://www.winesofportugal.info/pagina.php?codNode=18012)